FC2ブログ

記事一覧

宿根アスター

いつものようにお掃除をしていたら お向かいの奥さんが声をかけてきた。「お宅にもあるかもしれないけれど 良かったらどうぞ・・・」手にいっぱいのシロクジャクが 爽やかに朝日を浴びている。「・・・、ありますけど 家のはまだ咲いていないはずだけど う〜んやあすいません、うれしいな、きれいですね・・・。有り難うございます。」ちょうど今日あたり そろそろかな と思っていた矢先のこと返事にとまどったけれども 気...

続きを読む

裏窓

J.スチャート主演の往年の名画のように 双眼鏡を片手にワクワクする窓と違い普通の家の裏窓は 隣家に接した 明かり取りや通風の窓に過ぎない。だから そんな窓には 風景らしい風景など 普通は何も期待しないものだ。しかしまあ そんな風にあきらめずにできれば 我が家の窓こそ 緑ある風景にしたいと思い隣家との境の わずかな隙間のような通路に 四方竹を植えた。塀と建物とそれぞれの基礎に囲われているから 地下茎が...

続きを読む

竹箒

深大寺の脇を南北に走る道は 渋滞する厄介な道だ。それが最近 広く道幅をとって 拡張の用地撤収が行われ始めた。神代植物園があるほどの土地柄だから 沿道に大木が多い。だから それらを残して 何か工夫のある道を作るのかな と思う。馴染みの竹細工の店のそばにも 見上げるようなケヤキがある。工事に伴って まさか切り倒すことはあるまいと心配して立ち寄った。  お店のおばさんに 竹箒の代金を払いながら聞くとこの...

続きを読む

ヤブラン

9月に入って 淡い紫の花が咲き出した下草として あくまでも脇役なのだが夏の他の花が 勢いを無くしだしてから 控えめに咲き始める地被としては 背が高いし 薄黄の縁取りがきれいで 日陰の庭に列植すると 爽やかな風景を作る(村田靖夫)...

続きを読む

ハナトラノオ

わが家のある丘には 突然 視界が開けるところがある。なかでも大のお気に入りは 多摩川を隔てて 遠くの街を見渡すところ。並木道沿いに 広い斜面がひろがり 秋になると この花が群生する。それが 植えた覚えがないのに 屋上に咲き始めた まさに天の恵み。シソ科だから きっと丈夫で根付くだろう まことに頼もしい。(村田靖夫)...

続きを読む

ヤマボウシの実

去年の夏の暑さのおかげか 今年は 花が良く咲いた。特に 春先の ハナミズキの咲きっぷりは 話題になったほど。同じ仲間のヤマボウシも たくさんの花をつけ今はそれが実となり 赤く色づきだしている。直径1センチあまりの実は塩気のないバターのような味がするが お奨めは出来ない。パラパラと 地表に落ちて 丸い苺のような姿に風情があるのだが放っておくと 翌年確実に発芽する。新芽のけなげな姿を見ると 無碍にも抜...

続きを読む

切り花

屋上のワレモコウが見頃になったので 1メートルぐらいの長さに 活けたもともと赤茶の小さな花が まばらについているだけだから外の風景の中で見ると まるで地味で目立たないしかし 白一色の壁を背景にして見ると その存在感が一変する錆び色の 点による独特の浮遊感が周りを支配して 美しい(村田靖夫)...

続きを読む

ほととぎす

日陰にひっそりと咲くわが家のは 好きな方から戴いたものほとんど陽のあたらない場所だが不思議に 毎年しっかりと咲き何故か 見つめる人の心を穏やかにさせる地味だから 若い頃は何の興味を引かなかった涼風の立つ 秋の初めにふさわしい(村田靖夫)...

続きを読む

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ