FC2ブログ

記事一覧

落ち葉

紅葉がピークを迎えると 朝の掃き掃除が忙しい。わが家の向かいは ケヤキ並木に混じりソメイヨシノがある。今年のケヤキは 暖かい秋のせいか 茶色に枯れ始めたが幸いにして サクラはいつもと変わらない。容赦なく落ち続ける枯葉にサクラの黄や赤が混じり 美しい。冷え込みがきつくなり始めた朝の空気の中にサクラの枯葉を掃き寄せ集めると一年間忘れていた あの甘いほのかな匂いが かすかにたちのぼる。(村田靖夫)...

続きを読む

カラスウリ

雑木林のはずれに 置き忘れたように実がなっている。散歩の途中 欲しくて 何度も手を出したのだけれども目につくところは みんなの楽しみ。やっと 枯れ葉の陰のような目立たないところにあるものをそうっと 人目を忍んで いただいた。夏に白い目立たない花をつけている時から 狙っていたのだ。(村田靖夫)...

続きを読む

ナンキンハゼの実 はじける

福岡の宗像に行った時緩くカーブする道沿いに ナンキンハゼの並木を見た。青く澄みきった冬空の下 無数の小さな白い実をつけて立ち並ぶ。その姿は 初めての光景だった。だから 今でも強く残る記憶となっている。千駄ヶ谷の東京体育館脇の よく手入れされた並木や東名川崎インター近くの 少し荒れた並木など東京あたりでも ごく稀に この並木を見るが宗像のように 鈴なりの見事なナンキンハゼの並木は 見たことがない。(...

続きを読む

ヤマボウシの紅葉

あたり一帯を染め尽くすような紅葉も素晴らしいが なにげない日々の中で見る 控えめでも印象的なそんな紅葉の風景も 好きだ。ヤマボウシの紅葉は 決して全体が色づくことは無く青葉も残り 黒く染みのようにもなって まだら。だから全体としてみると 決して見事なものではない。しかし 部分的に深く濃い紅に色づき 思わず目を奪われる。(村田靖夫)...

続きを読む

カツラ

今はもうすっかりにぎやかになって 昔の面影もなくなっているのだが表参道のすぐ裏に住んでいた。その小さな家の小さな庭に ある日 背の高い草が生えてきた。あれっ と思って放っておいたら 草ではなくそれは立派な樹木。 みるみる二階の屋根を越す勢いで大きくなり それがカツラの木だった。実生で芽生え 子供より早く よじ登れるほど大きく育った。だから われわれ家族にとっては 子育て真っ盛りの思い出が一杯の木。...

続きを読む

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ