FC2ブログ

記事一覧

ケヤキの新緑

先日 あるプロジェクトの提案を求められ 現地の状況を確認しに向かった。最寄り駅から続く街路樹は 街のシンボルであるケヤキ並木住宅街としての歴史が古く 両側から覆い被さるようになっている。その姿がとても印象的で 街の印象を決定づけている要素だと強く感じた。新緑のあざやかさを前に 緑と街 そして日々の生活のつながりを想った。...

続きを読む

ヒメシャラの新緑

少し前までは 小さな芽しかついていなかったのだが暖かい日が続き あっという間に あざやかな若葉を広げた。この生命力には ただただ驚くばかり。ヒメシャラは 新緑 花 幹肌 紅葉 と季節ごとに表情を変える。金魚も健在である。...

続きを読む

寄せ植え

鉢植えのドウダンツツジの足もとには 季節ごとに草花を植え替えて楽しんでいる。夏は 強い太陽が大好きなポーチュラカ 冬は 定番のビオラ。今までは ビオラだけをストイックに植えていたのだが今年は アネモネとムスカリの球根を混ぜ 寄せ植え風としてみた。それぞれが自己主張のある色合いだけど 全体としてはまとまった雰囲気となるのが 自然の良いところ。もうそろそろ植え替えの時期。元気の良いポーチュラカと合わせ...

続きを読む

クレマチスとツルマサキ

クレマチスがたくさんの花をつけ 順調につるを伸ばしている。垂れ下がる姿は そっとかけられた花飾りのよう。ツルマサキは ふだんはあまり気に留まらない場所にある。華やかさはないが この季節は 鮮やかなエメラルドグリーンに彩られて美しい。目隠しの役割を担う こちらも大事な存在。...

続きを読む

カリンとプルーン

収穫を楽しめる樹は とても楽しい。先日引き渡しを終えた住宅の住まい手は 食事を生活における大きな楽しみとして とても大事にされていた。食べること つくることはもちろんだが植栽を選ぶに当たっても 実のなる樹を中心に選びたい とのこと。手に入りやすいもの 珍しいもの 敷地に合わないもの自分ではうまく育てられそうにないもの絞り込んでいくと 実際には実のなる樹ばかりとはならなかった。それでも 自分の庭で収...

続きを読む

アセビ

元気なモッコウバラの横で アセビがきれいな新芽をつけている。ツツジ科のアセビは ドウダンツツジやブルーベリーのような壺状の白い小花を 垂れ下げるように早春に咲かせる。その姿は どちらかというと地味なのだがその後に出る新芽は 淡い赤みのある葉が 凛としてなかなか美しい。...

続きを読む

アセビの新緑

元気なモッコウバラの横で アセビがきれいな新芽をつけている。ツツジ科のアセビは ドウダンツツジやブルーベリーのような壺状の白い小花を 垂れ下げるように早春に咲かせる。その姿は どちらかというと地味なのだがその後に出る新芽は 淡い赤みのある葉が 凛としてなかなか美しい。...

続きを読む

モッコウバラ

蔓性植物の利点は 手摺やフェンスなどに絡ませて 立体的に楽しめること。バラの欠点である棘がないため 剪定も容易で扱いやすい。小さな花だが 大量につくため 最盛期の大きなモッコウバラは圧巻である。先日 メンテナンスのために近所のお宅を訪れた。近いので 前を通るたびに植木の様子を気にしているのだが屋上の手摺に絡ませたモッコウバラが 竣工後1年以上を経過してだいぶ大きくなっていた。白 ピンク 紫 と交互...

続きを読む

アジュガ

春の庭は めまぐるしく様子が変わる。屋上の庭は 草花を中心に植えているのだが 冬のビオラに負けじとどんどんと咲いている。シバザクラの桃色 イベリス スノーポールの白 ムスカリの青紫色 ビオラの黄徐々に株を増やしているアジュガの淡紅色 ハナニラの淡く青っぽい白 などなどそのパッチワークのような彩りは 実に鮮やか。丈の高い草花はまだあまり出ていないから 俯瞰的に眺めて楽しんでいる。もう少しでツツジがぐ...

続きを読む

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ