FC2ブログ

記事一覧

紅葉黄葉2012 その3

仕事の合間に 南青山の根津美術館へ。2万平方メートルを越す広大な敷地には 茶室が点在する緑豊かな日本庭園があります。隈研吾氏設計の美術館も端正ですが この季節には自然の美しさには敵いません。いや 美術館はその風景を活かすように設計している節がありますが。晩秋の光の中に色づいた葉が浮かび上がります。その様はまるで錦絵のよう。今がちょうど見頃のようです。お時間のある方はぜひ。...

続きを読む

家づくり学校 左官

11月17日土曜日 第6回は「左官」の授業でした。今回は 昨年と同じく富沢建材さんを会場に左官職人の木村一幸さん/木村左官工業所のもとで左官の基本を学びます。今日のお題は2つ。土壁と漆喰壁です。最初は木村さんから左官の基本を教わります。現代では既調合の製品が多く使われていますが それは本来の左官の姿なのかという根本的な話しやワーカビリティや保水性そして下地の話しまで。左官では コテの熟練はもちろん...

続きを読む

紅葉黄葉2012 その2

東京では木枯らし1号が吹いた。今日は久しぶりに親緑住居へ。道路向かいにケヤキ並木がある敷地に建ち 多摩丘陵に位置するので気温は東京よりも低い。だから紅葉もピークをやや過ぎています。家のコーナーにあるカツラは 昨日の雨でだいぶ葉が落ちたとのこと。屋上庭園からは そのケヤキ並木を借景のように楽しむことができます。まもなく葉が落ちてしまいますが また新緑の時期には鮮やかな緑を見せてくれるのです。中庭のヒ...

続きを読む

久しぶりに 東が丘の家へ

一昨日のこと。約4年ぶりに東が丘の家を訪れました。竣工から5年になる家です。時間の経過は建物の魅力を増してくれるようです。暑い夏が続き何本か枯れた木がありましたが(原因は水やり不足のよう)竣工当初よりもひとまわり以上大きくなった木が 建物を周囲にとけ込ませるような雰囲気がありました。上の写真が一昨日のもの 下の写真が4年半前(5月下旬)のものです。季節の違いはあれど やはり今の方が豊かになっていま...

続きを読む

紅葉黄葉2012 その1

昨日のこと。現場での定例打ち合わせが早く終わったので 近くにある林試の森公園へ。秋晴れの澄んだ光の中で 徐々に色づく木々が美しい姿を見せていました。完全に赤または黄に染まる前の まだらに混じっていく色合いも綺麗ですね。つかの間のリフレッシュ。ちなみに 上の写真はプラタナス 下はアブラチャンです。...

続きを読む

家づくり学校 外構から考える

撮影 赤沼修さん11月10日土曜日。「外構から考える」というテーマで1年生の講義をさせてもらいました。家づくり学校の校長を務める泉幸甫さんと一緒です。私は たまたま前日に撮影で訪れた浦和の2つの家を具体的な例として設計から竣工まで 外構をどのように捉えていくかを話しました。上の写真はその時紹介した写真の1枚。今年の夏に竣工した家なので植栽の充実にはまだ時間が必要ですが数年経てば見違えるほどになるで...

続きを読む

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ