FC2ブログ

記事一覧

家づくり学校 / 素材から考える

日曜日は家づくり学校1年生の2回目の講義があり 自由学園明日館にスタッフとして行ってきました。今回のテーマは「素材から考える」。講師は泉幸甫さんと諸角敬さんのおふたりです。前半は 泉さんから「工業化と手作りの狭間で」と題して機械化によって生まれた新しい技術が職人の技術に取って代わる可能性やそれらの技術を利用して自然素材を使用する方法を話していただきました。後半には 諸角さんから「アンジェロ・マンジ...

続きを読む

若原一貴さん設計「鎌倉の分居」と長谷寺

同年代の建築家・若原一貴さんが設計された「鎌倉の分居」を見学させていただきました。丁寧な解説付きでご案内いただいたのですが こだわりポイントが多く大変楽しんでしまいました。空間のプロポーションや光の入り方・素材の使い方が巧みで心地よい住宅です。貴重な機会をありがとうございました。下の写真は若原さんからいただいたもの。同行した杉浦充さんとわたくしです。久しぶりの鎌倉なので少し散歩をして帰りましたが ...

続きを読む

成田東のコートハウス / 緑の天蓋

書斎の窓に面した屋上庭園に ワイヤーを掛け渡してパーゴラをつくりました。藤は数年で全面に広がり きれいな藤棚となっています。下にはベンチとテーブルがあり 天気のよい日には外で食事も楽しめます。春は花と新緑で目を楽しませ 茂った葉は天然の庇になり 美しい木漏れ日をもたらす。暮らしを豊かにし エコにもなる緑の天蓋です。この天蓋があることで 外にくつろげる居場所も生まれます。植栽にはさまざまな方法や考え...

続きを読む

『センスを磨く 間取りのルール』

掲載誌のご紹介が続きますが 『センスを磨く 間取りのルール』 が発売されました。この本は家づくりの会の有志でまとめたもので『心がときめく部屋づくりアイデア図鑑』や『心がときめく間取りアイデア図鑑』と同じく15センチ角のコンパクトな本です。荏子田の家・北町の方形・上野毛の家・成田東のコートハウス・中海岸のコートハウス・浦和の2つの家・目黒の家が事例として紹介されています。よろしくお願いいたします。『緑...

続きを読む

建築知識2014年7月号 / 最高の家具を仕掛ける方法

今月号の建築知識は家具特集。今回は若林の家の事例が2つ掲載されています。連載「住宅ディテール最新版」は第9回「外部開口部」。こちらは 北町の方形と中海岸のコートハウスと桜新町・緑庭の平屋を取り上げました。よろしければご覧ください。『緑と暮らす設計作法』発売中です『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします...

続きを読む

取材を受けました / 桜新町・緑庭の平屋

昨日は 桜新町・緑庭の平屋に取材でうかがいました。あいにく花の季節は過ぎてしまいましたが 丹念に手入れをされた緑は生き生きとし変わらずきれいな表情を見せてくれました。心配された天気もなんとかもち ほっと一安心です。そして 撮影後には美味しいお昼をご馳走になってしまいました。いつもありがとうございます。『緑と暮らす設計作法』発売中です『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします...

続きを読む

撮影しました / 目黒の家

月曜日は 目黒の家に撮影に行ってきました。梅雨の中休みで天気に恵まれ 少し光が強すぎるほどでしたが竣工して1年半ほどが経ち 少し大きくなった緑がきれいでした。タイミングよく 常緑の山法師がたくさんの花をつけています。30坪の敷地に建つ 木造3階建て・3世代7人の家族のための住まいです。 写真を整理したらHPでご紹介します。『緑と暮らす設計作法』発売中です『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします...

続きを読む

梅シロップ

少し前に新聞に掲載されていたレシピを元に 梅シロップを仕込みました。と言いましても作業は簡単で 息子と母におまかせです。青梅と砂糖を500gづつ用意して 24時間以上冷凍した青梅と砂糖を交互に保存瓶に入れていきます。冷暗所に置いて 毎日エキスの出方を見ながらかきまぜれば 一週間ほどで出来上がりの予定。母は 孫に梅ゼリーをつくってあげるんだと今から楽しみにしています。屋上に上ると 緑はすっかり夏の色になっ...

続きを読む

梅雨の中休み / 光の入り方

リビングの吹抜にある西向きのハイサイドライト。少し前までは壁だけを照らしていましたが 本棚の前面まで光がまわりこんでいます。光の入り方が変わってきたなぁと思っていたら もうすぐ夏至なんですね。『緑と暮らす設計作法』発売中です『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします...

続きを読む

梅雨の中休み / 半日陰

暑い梅雨の中休みです。たくさんの雨が降り続いた庭は 緑がモリモリと育ち夏らしい葉の色になってきました。太陽の光も強くなり コントラストの強い木漏れ日が中木の足元に植えられた樹々を照らします。このような半日陰の環境をつくると 庭に陰影が生まれ植えられる植物も多彩になります。  上は柊南天(ヒイラギナンテン) 下は色が変わってきた甘茶。代表的な下草の姫竜。陽当たりに関係なくとても丈夫な下草です。一方 ...

続きを読む

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ