FC2ブログ

記事一覧

竹箒

深大寺の脇を南北に走る道は 渋滞する厄介な道だ。
それが最近 広く道幅をとって 拡張の用地撤収が行われ始めた。
神代植物園があるほどの土地柄だから 沿道に大木が多い。
だから それらを残して 何か工夫のある道を作るのかな と思う。

馴染みの竹細工の店のそばにも 見上げるようなケヤキがある。
工事に伴って まさか切り倒すことはあるまいと心配して立ち寄った。  
お店のおばさんに 竹箒の代金を払いながら聞くと
このケヤキは 無事 残るらしい。
しかし 返事をする顔には
全身を包む嬉しさに混じって 一抹の煩わしさの表情がよぎった。

クルマに竹箒を積みながら この大ケヤキの落ち葉の多さを思いやった。
わが家も 向かいのケヤキ並木に守られ楽しんでいるけれど
掃いても 掃いても 落ち葉は落ち続ける 間もなくその季節なのだ。


(村田靖夫)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ