FC2ブログ

記事一覧

夏の木洩れ陽


夏が来ました。
例年よりも早い入梅 そして梅雨明けです。
梅雨明けと同時に夏が全力疾走しているようで・・・暑い暑い。
そんな週末 所用があり子どもを連れて親緑住居へ。
母が子ども(孫)の面倒を見ているあいだに ソファにごろりと横になる。
そこから見えるのが上の光景。
ハイサイドライトのある吹抜になっていて 午後には陽がまわるので
向かいの欅並木の木洩れ陽が影を落とします。

身体を起こして中庭を見ると 正面には姫沙羅。

この家の中庭まわりの窓にはガラスが多く使われています。
ガラスは熱の出入りが多いので 熱環境向上のために複数の建具を入れ替えられるようになっています。
夏は 厳しい陽射しを和らげる『簾戸』。
しかし 竣工から13回目の夏を迎え木は大きく育ちました。
大きく育った木は よりシャドーツリーとしての役割を果たすようになり
もう簾戸を入れなくても大丈夫ではと思えるほど。

しばらく逡巡したあと 結局このあとに簾戸を入れました。
木々の成長に伴い 家もまた表情が変わっていきます。

『緑と暮らす設計作法』という本を出しました

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ