FC2ブログ

記事一覧

浦和の2つの家 / 交差する天井


寝室として使う和室の天井は 2階にあることを利用して折り紙のようなかたちとしました。
毎日見上げる天井だから 少し工夫をしたという訳です。
複雑な形状に見えますが その成り立ちは実は明快。
切妻屋根の下で素直に天井をつくると三角形の天井になり 船底天井と呼ばれます。
ここでは L型をした平面のコーナーに和室があり 切妻屋根が交差する(寄棟)場所であるので
船底天井を同じように交差させました。
かたちの成り立ちは単純ですが つくる大工さんにはシビアな仕事でもあります。

カバードデッキに面した窓を開放すると 特徴のある天井が続きます。

 村田淳建築研究室 浦和の2つの家






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ