FC2ブログ

記事一覧

家づくり学校 / 構法から考える

日曜日は家づくり学校1年生の3回目の講義がありました。
今回のテーマは「構法から考える」。
講師は 前回に続き諸角敬さんと ゲスト講師として構造家の山田憲明さんをお招きしました。

前半は諸角さんのお話し。
「住宅など小規模建築で考えられる構法」に始まり 「どの構法で計画するのか」そして「各構法の特徴」を
ご自身の作品や著名な建築を例にしてお話しいただきました。
諸角さんは 木造・鉄骨造・RC造のそれぞれの特徴を理解したうえで建築の表現に結びつけています。
表層でとらえず 本質で理解されているからこそ可能なのでしょうね。


後半は山田さんの講義。
「日本の木構造技術を現代にどう生かすか」と題して
広範かつ詳細に 木の特性を生かした木構造の事例や要素技術をお話しいただきました。
小径木で空間を構成する考えの過程は大変興味深かったです。

おふたりがそれぞれの話しに加わる場面もあり お互いに話すことで内容に深みが生まれました。
設計においても大切なことですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ