FC2ブログ

記事一覧

さよなら外苑ハウス


外苑団地(がいえんだんち)は、東京都渋谷区に立地する日本住宅公団の造成した1964年東京オリンピック外国報道陣向けの宿舎である。
昭和39年(1964年)当時、翌年に実施される東京オリンピックを報道する外国の報道陣のための宿舎が必要であった。 そこで日本住宅公団がこの宿舎を建設することになり、建設されたのがこの団地である。
この団地が宿舎としての役割を終えた後は分譲住宅として再利用され、現在の「外苑ハウス」となっている。

以上 Wikipediaより

父が外苑ハウスに事務所を移したのが1974年。
その時からこれまで40年もの長い間 どこにも移らずに事務所として使い続けてきました。
子供の時は父について事務所に遊びに行ったり 一時期 家族で別の階に住んでいましたので
私にとって とりわけ思い入れのある場所であります。

しかし いよいよ老朽化のため建て替えられることになりました。
これまで建て替えや改修は何度も議論されていましたが 諸問題のためなかなか実現に至らず
奇しくも2020年東京オリンピックに向けた新国立競技場の建設が契機となったようです。

そこで 急遽移転することを決めました。
この1ヶ月ほどは 通常業務の傍ら準備をしていたのですが・・・それは大変でした(笑)
40年にわたる蓄積は膨大で 蔵書や資料の多さときたら・・・。
おかげで ブログもFacebookもほとんど手付かずでしたが 我ながらよくやったと思います。

夜遅く ようやく片付けが終わった室内。
所長席から撮ったものですが 父が現役の頃も思い出されしみじみとしてしまいました。

と言うわけで 10月1日より事務所を移転しました。
ひとまず 父が設計した実家である親緑住居を事務所とすることに。

中庭に面した2階が事務所です。
廊下にはまだ荷物が山積みですが 写真では分かりにくいでしょう?(笑)
手前味噌ですが さすがにこの事務所は快適です。
緑とともにあることの良さを身をもって体験できます。
いずれまた都内に戻るつもりですが スタッフにもいい経験になると思います。

おまけ。
荷物を整理していたら机の中からこのようなものが出てきました。
オリンピックの建物というのは 誇らしいことだったのでしょうね。
少しだけ 当時の空気に触れた気がしました。





『緑と暮らす設計作法』発売中です
『新しい住宅デザイン図鑑』もよろしくお願いします

コメント

No title

フアンの一人。(中庭が特に心響きます)
始めてメールを致します。

ブログ掲載に空きがありましたので・・・・。

資料の多い、事務所移転とのことで大変でした。
今後とも、愉しみに拝見いたします。 (礼) 

No title

3740sさま。
はじめまして。コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jun.murata.arch

Author:jun.murata.arch
事務所のHP
村田淳建築研究室

月別アーカイブ

このページのトップへ